かばんごの自転車日本一周

自転車と言えばママチャリ、長距離走行なんて経験無し。 本格的自転車も本格的アウトドアも初心者同然の私が自転車で日本一周!
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

81日目 萩-長門

道の駅の軒先にてお目覚め。




朝




ちょうど台風16号が九州沖を北上している時でして、それはそれはえらいこっちゃでした。


風が強い強い。


テントふっとぶかと。



子ねずみのように、ただただ過ぎ去るのをプルプル震えながら耐えるしかありませんでした。





寝ている間には運よく降らなかった雨も、5時ころからパラパラと降り出し、7時半までこれでもかと言わんばかりに。


強風も伴っているので、当然僕は濡れねずみ。




8時前に雨が止み、たまにうっすら光が差してきました。



晴れ間?










これは、ちゃーんす。



このままここにいたらなんのかんのと理由をつけて昼から飲みだしそうだったので、

気合で出発。





雨は、降っても少しだったので良いんですが、何せ風が…







川が波立っています。


川









どのくらい強いかと言うと、





橋を渡ってたんです。





ちゃんと歩道を。





歩道は幅2m以上あって、僕はその中心付近をゆっくりこいでいたわけです。


すると、突風に吹かれて、体が流され、あわや道路に投げ出されそうになったのです。





また、平坦な道なのにどうこいでも10km/hも出ない、なんてこともしばしば。






こういった強風の威力をまざまざと見せ付けるいくつかの事象に遭遇した僕のテンションはがた落ち。


ひとまずマックに逃げ込んで、ブログをアップしつつ成り行きを見守ります。









2時間ほどたって、風はいまだ吹いてはいるものの多少弱まり、また恐らく雨は降らなそうだ、と推測。




このままマックにいたらなんのかんのと理由をつけて、マックにだらだら居座り、15時くらいから

お酒を飲みはじめそうだったので、意を決してまずは観光へ。







そう、





幕末好きには




この萩という街、かかせない街、であります。










松陰神社

松陰神社前2







はずかしながら昔、幕末にはまりにはまって、中でも吉田松陰先生に傾倒し、なぜか「先生」と

敬称をつけて呼び、その癖がいまだ取れないのです。恥ずかしい…



松陰神社前







まさか自分が萩の、松陰神社にいるなんて。


自転車で。



人生ってどうなるかわからない、そう感じたりもしました。









松陰神社1












松陰神社2










松陰神社3



こんな狭い部屋に何人と入って「知行合一!行動せよ!!」なんて思想的な話なんかしてたら、

自然と盛り上がっちゃうわな~。










お参りもしました




松陰神社4












おみくじも


おみくじ





なんと大吉!




内容はともかく、大吉だと持って帰られるからありがたいっす。






ちなみに、神社近くのポプラは景観を壊さないようにとの配慮からか、いつもの赤が白に。


近くのポプラ














松陰神社をじゅうぶん堪能した後は、萩の街並みを楽しみつつ博物館へ、そして萩駅へ。






街並み

萩の街並み1











景観保全区域だからか、蔵や神社が多い。

街並み2










街並み3









こちらは博物館。お買い物だけでもどうぞ。


博物館









なぜか昔の消防車が。

消防車











旧萩城下町を散策すると、偉人たちの生家や学び舎なんかがいたるところに。







こちらは木戸孝允の生家


木戸孝允生家













高杉晋作像

高杉晋作の像







いや~



楽しい!!




風がなければもっとゆっくり見れたのに。



僕のテンションがついぞ上がらず…




さて、お昼ご飯も食べて、この時点で14時ころ。



どうしよう…






風は強い





が、




長門までは30km程度で、いけないことはない。







が、






めんどくさい。






風強いし。







が、ここから下関までは110kmほど。





それだと向こうに着いてから余裕が無い。






ぐぬぬ






わかっている。






行くしか無い。









道1









長門までの道のりは、最初の峠を越えてしまえば後は惰性で行けます。




道2












鎖峠


鎖峠









途中休憩を含め、2時間弱で長門市駅到着


長門市駅








野宿予定の公園へと向かいますが、これがえらく整備されていて、管理もきちんとされている。


野宿禁止とは謳われていないが、ちょっとした遊園地的遊具もあったりして、家族連れ多く、

そして管理人と思しき男性が明らかに僕をチェックしている。




そりゃそうだ。



芝生では親子がサッカーに興じ、ベンチでは乳飲み子を抱えた母親たちがおしゃべりに興じ、

カップルは微笑みながら散歩をしている、そんな昼下がり。



そこに大量の荷物を載せた自転車を引いたチョンマゲ男が登場すれば、それは、そうだ。


管理人さんは自らの責務を果たしているだけだ。



ここは大人しく僕が身を引こう。







地図をどう見渡しても近隣に野宿できそうな公園は無く、仕方ない、5km先の海浜公園まで行くことに。





スーパーでおちゃけと食料を調達して。







じゃーん


晩御飯












潮騒を聞きながら、そして



日暮れ




夕暮れを見ながら飲むビールは、格別。





近くにコインシャワーもトイレもあって、文句なし。



僕はトイレのお水を汲んで水浴びしましたが。








お鍋お鍋♪


おなべ








鶏肉全部食べちゃったーぃ







ログ






走行距離:48km







ただ、屋根が無いので、雨が降ったら…


スポンサーサイト
[ 2012/09/17 22:00 ] 山口 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

かばんご

Author:かばんご
28歳無職です。
会社勤めの後、青年海外協力隊(ウガンダ共和国)に参加。
2012年3月に帰国。
在ウガンダ中からふつふつと沸きあがってきた願望をかなえるため、
2012年6月から自転車にて日本一周!!

ブログ村
最新トラックバック
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。