かばんごの自転車日本一周

自転車と言えばママチャリ、長距離走行なんて経験無し。 本格的自転車も本格的アウトドアも初心者同然の私が自転車で日本一周!
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

43日目 浦幌-帯広

おはようございます。



43日目の朝。




朝





ようやっと雨も上がり、走れます。





3時半となんとも微妙な時間に起きてしまいましたが、寝たところで半端だし、今日は早めの行動!


ということでダラダラ洗濯したり片付けたりうんぬんかんぬん。



朝ごはんも作ります。



朝ごはん調理



明らかに許容量を超えているお鍋さん。







ずいぶん前に買ったミートソースと絡めていただきます。






朝ごはん




昨日のスパカツよりも多い。


これだけで荷物が1kgは減った。


食料を持つのは良いが、適正な量、が大事。



未だモヤモヤですが、6時半には出発。




朝の景色





早速ネタが登場。




乳神神社








これは拾わないわけにはいかないでしょう。










ふむふむ


神社1




そういうことですか。




神社2


この石触るとご利益あり!!




どうやら、


大正時代に

「あの木のところにおっぱいの形をした石が二つある!これはご利益があるに違いない!!」


「触ったら子ども授かったよ!」


「なんかいろいろ体良くなったよ!」



『ご利益あるね~』



ということで神社に。



この石は昭和50年だかに近くの人から寄付されたらしい。




結構新しいんですね。



北海道っぽい風景を見ながら走っていると、


景色1










ハルニレの木

という看板を発見。





ハルニレの木看板






2kmほど余分に走ることにはなるが、体力時間ともに余裕があるので、向かってみる。









これだ、これが旅だよ。





これらがハルニレの木たち





二本の木


おぉ、なかなかきれいだ。





近くまで寄ることもできるのだ。





一本の木





北海道開拓よりもずっと以前からあったもので、ずっとこの大地に根を下ろし、北海道の歴史を肌で感じてきた、という風格が感じられる?









再び出発



景色2




この道道882号線は起伏ほとんど無く、交通量も多く無い。



浦幌から池田を経由して帯広に行こうとすると、

国道38号はやたらと遠回りになるし、道道73号は起伏が激しいので、遠回りもほぼ無く、起伏全然無いとなると、チャリダーにはもってこい。









そういえば




景色3









the 北海道 「土編」の十勝に入っているのだった



景色4



絶景也









ワイン城に到着



ワイン城




結構広い


インフォメーション










おや?





試飲コーナー



試飲コーナーとな!



無料とな!!



うひひ




試飲コーナー



いただきやす




試飲






安い白ワインのように甘すぎたり逆に渋すぎたりしない、非常に上品な飲み口。


こりゃうまい。



予算があれば、車だったら、買ったのにな~。



お金無いし重いし、ごめんね…




試飲ワイン







こぎこぎ



1時間ほどで帯広到着




もちろん





豚丼!!




元祖の店、ぱんちょう





看板



肉の量が多いほうから、華、梅、竹、松となる。





華!ご飯大盛り!!







うわぉ!




豚丼









ふたを開けた瞬間、脊髄反射でビールを注文。







ビール





そりゃ、ねぇ?笑






こりゃうまい。



脂がちょうどよく入ったロース肉が炭火で柔らかく焼かれていて、タレは甘すぎず辛すぎず、お肉にもご飯にも合いまくり。


確かにうまい。



しかし、これで1400円を超えるってのは…




店内はテーブル席のみ、最大30人ほどのキャパ。

お昼時ということもあり、常時7割~8割ほどの入り。

地元の人や出張で度々訪れていると思しき人と観光客半々くらいの印象。



まぁ、一度食べれば…?


高いし。







さて、次は間髪入れずに六花亭本店へ。



六花亭本店








本店ともう一店舗限定のサクサクパイとホットコーヒー




コーヒーとサクサクパイ




パイはサクサク。持ち帰ったら3時間以内に食べてくださいな、との話通り、歯ごたえ満載で中のクリームも甘さ控えめで、甘いものが苦手な僕でもすんなりいけます。


喫茶の雰囲気は、ウエスト銀座店と青山店を足して2で割ったような…。




ホットはおかわりOKなので、本を持ち込んで本格的に長居をしかけると、時間帯もあり待ち客も出てきてしまった。


もう少しゆっくりしたかったが、退散。




時間はまだ14時前。



本当だったらここから南へ60km?くらいの大樹町というところに行きたいところ。


正直日程も厳しいし。



しかし




明日は






世界で帯広でのみ行われている、


ばんえい競馬


の開催日。






帯広に来て、明日まで待てば見られるというのに、出発するわけにはいかない。



まして馬好きな僕。




ということで、本日は帯広滞在決定。






やることも、特に見るべきところも無いので







図書館へ。





問題なく電源取り放題、おまけに20時までやっていて本読み放題ってどんな神施設ですか??



本


酒を飲んだせいか、あまり集中できない…


せっかく読みたい本だったのに。





たっぷり19時までいて、晩御飯調達



晩御飯






さぁて、寝ます。



こいで飲んで読んで食べて、良い一日でした。


スポンサーサイト
[ 2012/07/13 17:25 ] 北海道 | TB(0) | CM(2)
ビール呑んで、ドストエフスキーとは・・。やるな、おぬし。
[ 2012/07/14 21:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>きゃりーぱみゅぱみゅ?さん

読みたかったので、かっこつけてみたものの、やはり自転車こいで酒飲んでから読む類のものではなかったです。

次は気合入れられるときに読みます。
[ 2012/07/15 08:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

かばんご

Author:かばんご
28歳無職です。
会社勤めの後、青年海外協力隊(ウガンダ共和国)に参加。
2012年3月に帰国。
在ウガンダ中からふつふつと沸きあがってきた願望をかなえるため、
2012年6月から自転車にて日本一周!!

ブログ村
最新トラックバック
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。